修理業者を探す

販売店などに行くことが出来ない時は、インターネットなどで、桐タンスの専門の修理業者を探すことが出来ます。フリーダイヤルを設けていたり、メール対応していたりする業者があります。桐タンスで悩んだらまず問い合わせてみましょう。

More Details

修理価格

桐タンスの修理価格は、その状態によって変わってきます。シミだけなのか、破損があるのか、年月の経過にともなってヒビが入っているかなど、価格が変わってきますし、場所によっては送料などもかかります。

More Details

修理以外の方法

桐タンスのシミやヒビ割れの状態によっては、部分修理が難しいものもあります。そういった場合は、リフォームという方法があります。捨てるのではく、リフォームをしていつまでも使うことが可能です。

More Details

呼吸をするタンス

今は、多くの店で家具や家電、日用品が販売されています。
コンビニエンスストアでも、食料品以外のシャンプーなども変える時代になっています。
世の中には昔よりもはるかに物があふれ、また100円均一などで何でも買えるので、物を消消費していく時代になっています。
消費していくことで、ゴミが出るので、いまではゴミ問題も深刻化しています。
昔は、ものが無い時代なので、物を大事にしていて、家具などもいつまでも使えるようにと、丈夫に出来ていたり、修理屋さんがいたりしていました。
桐タンスは、そんな家具の中でも、桐という材質自体が柔らかく、キズのつきやすいものです。
ただ、古くから親から子へと受け継がれていく家具の一つです。
桐タンスの大半は塗装の時に、自然塗料を使います。
そのため、今では当たり前の防水加工などは施されていないので、水分や油分にとても弱いため、定期的に修理が必要です。

桐タンスは、古くから愛されている家具です。
ですが、水分などが付着すると、シミができやすいものでもあります。
そのため、修理を行なう専門の業者がいます。
専門の業者に頼まず、自分で濡らした布などでシミ部分を拭いてしまうと、塗装が剥がれて悪化する可能性があります。
桐タンスはとてもデリケートなので、キズやシミを見つけたら、修理業者に依頼しましょう。
そのときは、購入した販売店で行ないましょう。
ただ、古いもので20年以上使っているものだと、部分修理が難しい時があります。
そんな時は、部分修理ではなくリフォームという方法もあります。

桐タンスは、桐の性質により、タンスに加工されたあとでも、木が呼吸をしていると言われています。
環境やその地域の気候にもよりますが、時が経つにつれて、呼吸をしなくなってしまいます。
そういったときに起こるのが、ヒビ割れです。
ヒビ割れ以外にも、タンスのネジが緩んだり、接着部分が壊れてしまったりと、修理箇所も様々です。
捨てるのではなく、また金具を変えたり修理したりして、長く桐タンスを愛用しましょう。
修理の他にリフォームという手段もあるので、まずは販売店もしくは専門店に問い合わせてみましょう。

オススメリンク

  • 防水工事110番

    屋根は防水対策が肝心になってきます。広さによって料金が変わるので見積もりをとって検討を進めておこう。
  • 外壁塗装・屋根塗装、リフォームのオンテックス大阪・難波

    見積りの相談を簡単に行なうことができるので、オンテックスを利用してみたいと感じているならこちらからとなりますよ。